2010年12月30日

日が暮れる 年が暮れる

IMGP4411-s.jpg

2008年に写したものです。
今月は休みが少なくて、何だか慌ただしかったですね。

さて、たばこを止めた今は一服のために外に出ることがなくなりました。
と同時に外の変化を仕事の合間に見ることもなくなり、

こんな風景はガラス越しにしか見ることがなくなりました。
震えながらタバコに火をつける瞬間の暖かさを思い出しますが、
そんな習慣が面倒臭くなってしまいました。

ブログネタがないとき、過去の写真を見ているとその時々の情景が目に浮かびます。
そうしてみると、実に映像として記録したものは頭の中の記憶と一致して
映像は引き出しのタグみたいなもんですね。

360数回日が暮れて、年が暮れていく。
思い出の一枚一枚を大切にして、
今年一年に感謝。
 
そして、来年さん!どうぞよろしくね。





posted by ゆうさく at 06:35| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

お尻に紅葉マーク

IMGP8670-s.jpg

2010/12/08 撮影

雲が多くても、雲が薄くても光が糸状に流れれば
ここらあたりは神様の、、、



IMGP8827-s.jpg

この母子観音は大好きで当たり前のように前から撮るんですが、
後ろに電線があってこれが妙に気に入らなくて、

それなら後ろからと意識したわけではないのですが、
偶然、、、

IMGP8773-s.jpg

蜘蛛の糸も南天の雫も両方にはピントは合いません。
そんな選択肢があるわけじゃないんです。
なぜなら三脚の助けがないから、。

IMGP8737-s.jpg

逆光に輝く山の色
竹林は空気に道を与え
光は山にその存在を教える
そして幾重にも光が混ざり合い
光と山のハーモニーが始まるのだ。
posted by ゆうさく at 19:26| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

せせらぎと紅葉

IMGP8689-s.jpg

大山に白いものが、
朝起きて窓を見るとです。

カメラ出動ですね。

IMGP8694-s.jpg

風景って「いい」と思った時が撮影のタイミングで
車に乗って撮影ポイントに、などと時間をかけてしまうと
撮りたいシーンはすでに別物に変わっています。

こんなことはよくあることです。

IMGP8688-s.jpg

日向を流れるせせらぎ。
いつも上手く撮れないのに、三脚もないのに、巧くとれたような。

この後、浄発願寺で「南天の赤い実」「南天の葉」に逆光に光る水玉を
見たのですが、
三脚ないとピントが合わない。

この頃、i-Phoneがとても気に入っています。
手軽に撮れるしその場で投稿できるし、
i-Phoneはいいことだらけ。
そして、一眼の素晴らしさを再認識させてくれた
です。

posted by ゆうさく at 23:08| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。