2011年01月31日

銀座で影を撮ってみました。

IMGP9209-s.jpg

2011/01/28

築地の場内、場外を撮ったあと、銀座へとぶらぶら。

銀座なんて撮ったことないので、皆目わかりません。

夜景ならなんとでも絵になりそうな気もしますが、、、。

IMGP9234-s.jpg

なかなか影を主体と写すことは難しい、。

いろいろ試してみると面白いかもです。


posted by ゆうさく at 07:06| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

築地

IMGP9098-s.jpg

2011/01/28
東京卸売市場 築地

久しぶりに行ってきました。
正門前に大江戸線の駅ができて便利になりました。

ライトを点灯して迫り来るのは「ターレー」と言われる
発動機自体がハンドルになっている荷物運搬車です。
実に細かな動きができます。

IMGP9068-s.jpg

まぐろや活魚などの売り場はこの電球が大活躍。
発色が違います。

一見雑然としているようで、実は計算されつくした動線になっています。
狭いのに実に無駄がないですね。

IMGP9136-s.jpg

時間は九時ころ。
もうほとんどの仕事は終了なんでしょうね。
荷物がどんどん運ばれていきます。

売り買いという緊張から解放された時間のながれ、
露出を数段アップして現像したら
ソフトフォーカスっぽくなりました。

築地周囲は大きく変わりました。
でも、一度築地の中に入り込むとそこは数十年前となにも変わらない
タイムスリップしたようなそんな錯覚です。

posted by ゆうさく at 08:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

光と影

最近写真を撮っていて影の写し方に気になります。影の長さ、影の濃淡、影の輪郭などなど、。
むしろ被写体そのものより影を直接撮りたいとも思ったりします。

写真というものをよく見ていると影がその写真の印象を大きく左右します。
それ程に大きな影響力のある影なのに注目度が薄くて可哀想なのが影。

さて、それでは影を被写体にしたら、華やかなモデル写真のようにその存在をアピールできるんでしょうか。
影が主体となってつまり被写体となってモデルさんが影になる、。

以前このようなテーマでの写真集を見たような気がするのですが、はっきりとは覚えていません。
兎も角も影は重要だなと思います。

季節感、空気感、人間の表情、物の存在感、それらすべてが影の微妙な動きで表現されていきます。
ついつい私たちは被写体そのものに注目しますが、影がないことには何も分からない、
その存在すらわからないかもしれない。

高次の世界というのはきっと純粋で透明な光に満ち溢れた世界ではないでしょうか。
影がなくても全体を把握できる世界ではないでしょうか。

影も日向もない、光も闇もない。
哀しいかな私たちは相対でしか物事を理解出来ないから、
表社会に裏社会を作ったのかもしれないですね。


posted by ゆうさく at 05:54| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

浅草に行ってきました

IMGP8908-s.jpg

地下鉄の田原町で降りて
ようやく
ここにたどり着きました(汗)

現像しながらやっぱりモノクロがいいなぁ、と。

IMGP8913-s.jpg

なにせ人、人、人、の波であります

IMGP8912-s.jpg

カメラを頭上高く、大体の狙いで

IMGP8889-s.jpg


コマーシャルの撮影でしょうか、浅草は江戸時代です(笑)

いつも自然の写真ばかり撮っていて、初めて街をとったような気がします。

特に東京は面白そうです。

posted by ゆうさく at 08:21| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。