2006年07月19日

デジタルフォト 2006/7月号 

デジタルフォト 06/07号

特集1 「何をしたいのか?」がわかれば「答えが見つかる!」フォトレタッチ逆引き辞典

 デジカメで撮った写真をブログに投稿するようになると、綺麗に見せたい欲求が日毎募ってくる。 原画一本でストレートにアップということもたまにはあるだろうが、トリミングくらいは最低必要になる。より、 自分のイメージに近づけるためにも何かしらの加工は必要と、常々思っていた。
 PhotoShop ,Illustlator など、最新版ではないけど一応持っているけど、今一使いこなしていない。
トリミングはGoogleのPicasa2で簡単に出来るし、明るさや、色の調整も簡単に出来る。ただ、 一歩つっこんだ加工となるとやっぱり役不足である。

 いずれ、「PhotoShopバリバリ使いたいなぁ」と思い、書籍だけは何冊かあるけど、一度開いただけで、 本棚に綺麗に飾られてしまっている。どうも、Adobe系のソフトは何となく使いづらい、。確か、 何かのパソコン雑誌の記事に書いてあったような気がするが、メニュー構成が独自なんだそうだ。Windows系はほぼ統一されているから、 ソフトの違いを意識することなく作業にすぐに入れる。AdobeってMac仕様なんですかね?Mac使ったことないんで分からないですが、、。 それともグラフィック系の概念自体が分からないことによるかも、です。

 前置きが長くなりましたが、この雑誌、レタッチの逆引き辞典という構成になっておりまして、写真をどうしたいのか? というところからレタッチの方法が分かるようになっています。詳しそうだなぁ、分かりやすそうだなぁと思って購入。

 実際に、cd-romに入っているサンプルを使って実践してみた。紙面は、基本操作の出来ることを前提に作られていて、私には、 全くのお手上げ。やむなく本棚から、Photoshop7.0 MENU MASTERを引っ張り出してきた。 やりたいことはそっちのけで、「デジタルフォト」からの逆引きとなってしまった(笑)

 ともかくも、いずれはPhotoShopバリバリ使うぞぉ、と思っていたので、きっかけをつかめて嬉しいですね。

Photoshop7.0 MENU MASTER
posted by ゆうさく at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PhotoShop7,0というのはプロ用ですか?
私はAdobeの5,0しか持ってないので、新しいのを買いたいのですが、迷っているところです。
それと、イラストレーターも必需品でしょうか?

そんなに凝った加工はしたいとは思わないのですが、興味だけは有ります。

私の写真の傾向はつかんでいただけていると思いますので、アドバイスいただけたらうれしいです。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2006年07月20日 10:05
*re*
5.0で十分だと思いますよ。最新版は、PhotoshopCSですけど。Illsutoratorは必要ないと思います。
私も、勉強始めたばかりで(笑)詳しいことコメント出来ないのですが、写真への加工は機能の一部分みたいですね。すべての機能を憶える必要はないみたいです。(^_-)
勉強の成果?書いていきたいと思いますので、何なりとコメントを頂きたいと思います。励みになりますので(*^_^*)
Posted by ゆうさく at 2006年07月21日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。