2006年09月12日

蔵王刈田岳の写真をHDRで

hdr001 HDR

友人のJ.Hさんファミリーが夏休みに蔵王の刈田岳で撮った写真を拝借した。 カメラはOlympusのコンデジ。下の写真が元画像で、これだけでも充分綺麗だが、空が飛んでしまっている。 ここは何としてもHDRで空の青さと緑色の水面を両立させてみたい。

ちなみに、HDRとはHigh Dynamic Rangeの略で、大きなコントラスト差を記録することが出来る画像形式のこと。
通常空を綺麗に撮りたいと思えば空の方が明るいから、空に露出が合って、水面や山肌は露出アンダーになってしまう。 これはダイナミックレンジの狭さによるもので、現行のカメラはこの空と水面の両方のコントラスト差を記録することは出来ない。

人間の目はカメラの約40倍ものコントラスト差を識別することが出来る優秀なデバイスで、 まぁ言ってみれば目で見たとおりの写真にしようというのがHDRの目的でもある。 オートブラケットにして露出を多段階にした数枚の画像を合成することにより実現出来る。

PhotoshopCS2  Ulead PhotoImpact11などのソフトでHDRにすることが出来る。

今回始めてHDRをやってみました。 元画像はJpegの一枚だけなのでPhotshopで明度と色の調整をした別名ファイルと元ファイルをUlead PhotoImpact11で合成しました。 そのためかなり無理もあるようです。オートブラケットで多段階露出の画像で今度はやってみようと思います。

P7081481 元画像

 

posted by ゆうさく at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに光の職人ですね。
Posted by the-fuji at 2006年09月13日 18:03
ゆうさくさん、さすが研究熱心!
これは、カルデラ湖でしょうか?
元写真に比べ、立体感や光を感じます。
わたしは、まだPhotoshopCS2じゃなくCSなのでPhotomatix というソフトを使っています。
どのぐらいの数値でTone mapping すれば、いい感じになるか、まだテスト中。仕上がりは、好みもあると思いますが…。
Posted by さくら at 2006年09月13日 21:23
*re* the-fujiさん

コメントありがとうございます。
HDRはまだまだ始めたばかりで全然分かっていません。勉強しながらいろいろ遊びたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by ゆうさく at 2006年09月14日 19:09
*re* さくら さん

ほんと、「さくら」さんに面白いものを教えて頂きました。今まで三脚はよほどスローシャッターで撮る時にしか持参しなかったのですが、HDRを知ってからは必需品です。

私の持っているPhotoshopはVer7.0です。CS2はいいみたいですね。体験版を使い倒そうと思っています(笑)
Posted by ゆうさく at 2006年09月14日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。