2006年09月14日

秦野市戸川公園 秋の紅葉

 005 HDR

 DSCF0822 f 8.0  1/52sec  ISO80

Fujifilm Finepix S9000 

この日は、午前中小雨で、午後から雨もやみ、厚い雲の間を時折青空が顔を見せた。秦野市の戸川公園でHDR撮影。

三脚にカメラを固定し、平均測光で紅葉の露出にロックした。オートブラケットで+−1EV。紅葉が風に揺れていてる。「そよいでいる」 という感じになればいいが、下手するとピンぼけがブレているようにもなってしまう。画面右下の道と山がシャープなので助かった。

PhotImpact11でHDRに。

HDRは今回で二回目。撮影していろいろ気が付きました。まず、大きく動く被写体は意図的に表現する場合を除いて避けた方がいいです。 木のように揺れて当たり前のものはいいですけどね。山みたいに絶対動かないようなものは、ちょっといただけないかもです。

望遠よりは広角の方がブレが少なくていいね。揺れる被写体でも目立たないかもです。
望遠でも手ぶれ補正があるとどうなんでしょうね。

オートブラケットはEVの中間値をうまく見つけEVロックし、構図にカメラを持って行く。

マニュアルでシャッタースピードだけを五段階位に変化させる方が、オートブラケットよりは確実にいいHDRが出来ますね。但し、 ダイヤル操作時にカメラの位置ずれに要注意です。

 

posted by ゆうさく at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | HDR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆうさくさん、空の調子や木々立体感がいいでね。
やはり、オートブランケットでは、限界があるのですね。
中間値の露出を、見つけるというのがけっこう難しそう…
私が、最近思うことですが。
HDRに向かないと思われるもの…
動くもの、夜景、割と単調なもの
逆に、よさげなもの…
雲がある夕焼け空(高露出の時、空が白とびしない)
草とか、木とか割りとごちゃごちゃしているところ
あと、水辺も良さそうなのですが…
Posted by at 2006年09月15日 11:16
*re*

オートブランケットも上下2枚づつ撮れるといいんですけどね、。

シャッタースピードで段階露出した方がいいでしょうね。但し、操作に時間がかかるようだと要注意!です。

水辺撮ってありますのでHDRにしてみますので見て下さいね。
Posted by ゆうさく at 2006年09月15日 23:39
こんばんは☆
お久しぶりに遊びに来ました。
もう葉っぱが赤いんですか?
わ〜もう本当に秋なんでしょうか?

私もよくわざとブレた写真や絵画風に?ぼかした写真撮りますよ^^
風景でもフィルターにリップ塗ったり色々してソフト効果っぽい仕上げにしたりと怪しいこともしております(^^ゞ
しかし失敗だらけですが・・・。

このデータは色々お勉強になりますね^^
Posted by bianca at 2006年09月18日 01:18
写真的には一種非現実的な感じのものになりますね、HDRは、。どんなオブジェに最適なのかいろいろ勉強する価値はあるのかなぁ、と。手間もかかりますけどね(笑)
HDRは、面白いと思っていますので試行錯誤ですが、データ重視で行きたいと思っています。
いろいろお気づきありましたらご指摘ヨロシクです。
Posted by ゆうさく at 2006年09月18日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。