2007年05月07日

権現山より

IMGP0327

2007/05/02

権現山に富士山を撮りに行く途中に見つけた花です。

IMGP0314 

辺り一面に一杯咲いていていました。

オオイヌノフグリに似た色合の五弁花。名前を調べてみましたが、ルリカラクサでしょうか、、、。

IMGP0280

高さ15cm位だったような

IMGP9319

仲良く咲いているところを、ソフトフォーカスレンズで。

夕方に撮りました。花びらをスポット測光。いろいろ修正してみましたが、少しアンダー気味ですね。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り

にほんブログ村 トラコミュ マクロ花へ
マクロ花


Photo Blog (写真ブログ)

 

posted by ゆうさく at 09:01| 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | Macro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンダーゆえになんとなく雰囲気のある写真になっていますね
1枚めがやっぱりいいです
それとホンノリとソフトのラストもいいな(^^)
Posted by しーたけ at 2007年05月08日 15:38
「どんな草木にも前と後ろがあるから、一周まわしてみて、見きわめてから活けるのよ。」
以前習っていた華道の先生から教えていただいた華道の基本です。

写真の世界も同じですね、前後、左右、上下、あらゆる角度の中からとっておきの表情をパチリ。

あまりの美しさにうっとりしちゃいました。
Posted by なぎママ at 2007年05月08日 22:23
薄暗い中、透けている花がとても優しく感じられますね。

Posted by ブドリ at 2007年05月09日 00:24
*re* しーたけ さん

ありがとうございます。とても嬉しいです!!

1枚目はf5.6で撮りましたが、前日同じアングルでf.11で撮ったんですね。花びらにジャスト露出で精細に映りましたが、バックが写り込んで、再度の挑戦でした。

絞りは奥が深いですねぇ!

Posted by at 2007年05月09日 07:48
*re* なぎママさん

なぎママさん華道をやっていらっしゃるんですか?良いですねぇ、私も美的センス?を付けるのにお花を習いたいと思っていた時期があります。それが今はカメラですけど(笑)

この花の名前ご存じですか?

ルリカラクサで良いのでしょうか?

お褒め頂き、とても嬉しいです!
Posted by at 2007年05月09日 08:12
*re* ブドリさん

薄暮れの中、ここだけは日が射していて花たちが光っていました。三脚構えて富士を狙っている人もいました。ここだと秦野市街が映らず富士が浮き出たように見えるんですね!

富士山はいろんなスポットがありますね。改めて富士の魅力にも気づかされた一日でした。
Posted by at 2007年05月09日 08:15
中学生時代から十数年間習っていたのですが、師範免許を取得後、仕事が忙しくなり、やめてしまったんです。
初めて自分から親にお願いして始めた習い事でしたので、とっても楽しかったです。

ゆうさくさんの美的センスは、お花を習うまでもなく素晴らしいと思いますよ〜〜。
でも、写真と華道って通じるものがあるように感じます。

しかし、花材になるような花の名前は詳しくても、野の花は、わからないものが多いんですよ・・・。なので、わかりません。ごめんなさい。
どなたか私にも教えてくださ〜い!!
Posted by なぎママ at 2007年05月09日 21:51
ゆうさくさん、おはようございます♪
ルリカラクサ・・・ステキな瑠璃色の可憐なお花ですね。
それにとても幻想的なお写真になっていて、すごくいい感じ!(^^)
光加減が優しいですね♪
Posted by 風の音 at 2007年05月10日 07:56
*re* なぎママさん

華道の師範免許持っているんですか、すごいなぁ!

分野分野で花の取り扱いも違ってくるんですね。

お茶ですと茶花といって野花が多いと聞いています。

侘び寂びに通じる日本人の美感は大事にしたいです。

お気遣いありがとうございます。
Posted by at 2007年05月10日 08:08
*re* 風の音さん

お早うございます。

このお花の名前ですが、多分ルリカラクサだと思うのですけど、、、。定かではありません。

気にすればきりがないので、とりあえずこの名前で納得することにしようかなぁと(笑)

ちょうど夕方の光がうまい具合に来ていました。優しい光でした。

パソコンで見るともう少しぼんやり感があるのですが、web上ではこの程度になるのが少々残念です。
Posted by at 2007年05月10日 08:12
ルリカラクサ、つまりネモフラメンジージーですね?
いろんな色が有るけれど、瑠璃色のがいっとう綺麗です。
一枚目は、ヒルザキツキミソウ?
「富士には月見草がよく似合う」なんて言った人がいたけれど、これは夜咲くほうのツキミソウのことだったですね・・・

Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年05月10日 10:39
*re* 森のどんぐり屋さん

ネモフラメンジージー、う〜ん舌を噛みそうな難しい名前ですね。

ルリカラクサ、洋風っぽい和音でとても親しみが持てます。

1枚目は、色温度の違いで色合いが変わってしまいました。ルリカラクサを写したものです。

ヒルザキツキミソウ、見てみたいです!!
Posted by at 2007年05月11日 08:34
あれ? そうなのですか。
てっきりヒルザキツキミソウだと思いましたよ。
しかも「いい色に写されてるな〜」なんて思っていました。
繁殖力の旺盛なものなので、花壇ではよく抜かれて萎れています。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2007年05月11日 16:03
*re* 森のどんぐり屋さん

そうなんです。光の具合で違って見えますね。このとき夕日が射していたので、微妙な色具合になったのかもしれません。

今日、これがヒルザキツキミソウ?と思われる花を撮ってきました。後で見てもらえると助かります。
Posted by at 2007年05月12日 17:15
*re* 森のどんぐり屋さん

すいません。完全にかんちがいでした。すっかりニワゼキショウと思い込んでいたようです。何しろ、ニワゼキショウの今年か頭になくて。

よくよく確認したら、ヒルザキツキミソウでした。

レスの訂正をさせて頂きます。(__)
Posted by at 2007年05月12日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。