2007年03月04日

カメラのレインコート

IMGP8144

PENTAX K-10D にレインコートを付けたところ。レンズ穴の所は薄いゴムになっていて、適合レンズ径は49mm-77mm。 薄いゴムがレンズフィルタに密着 これなら雨水が侵入することはない

IMGP8140

後ろから見たところ 使用説明には「透明のビニール越しにファインダーを見る」となっています

ビニール越しにファインダーを見るので当然のようにソフトフォーカスレンズを覗いているようになります

厳密なピント合わせには ビニールをまくし上げなくては駄目でしょうね

 

ちなみに、このレインコートにはS M L とあって、今回求めたのは S 両手のみが入ります。

M L は頭を入れることが出来て それこそ人間も濡れないで済みます

IMGP8146

実際はこんな使い方になるのでは、(左手で撮影したのでぶれました)

ファインダーを覗く時だけめくり上げて、後はカメラにかぶせてしまえば 完全に雨水シャットアウトです

 

実際に雨の中で 使ってみたら またレポートします

 

posted by ゆうさく at 21:25| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

PENTAX K10D & SIGMA 105mm DG MACRO 入手しました

  DSCF0105

 DSCF0108

DSCF0113

 DSCF0090

 発売日11月30日の10日前に予約して 本日12月10日、手にすることが出来ました。待つこと約20日。 予想外に早く入手することが出来ました。巷の噂では「桜の季節に間に合うか?」なんて囁かれていたりして、。某家電店の店員さんにただただ感謝。

 K-10D 本体のみの購入で、レンズは別注 SIGMAの105mm f 2.8 MACROです。レンズキットにしなかったのは、 レンズキットの焦点域はE-300 FINEPIX S9000でまかなえますし、レンズ付け替える手間を考えると、 カメラ一台余分に持ち歩いた方が便利かな、と。ただ、将来的にPENTAXでシステムにしていくとすれば、広角系のズーム16− 45mmは欲しくなるかもです、。

 デジタル一眼は OLYMPUS E-300についで2台目となります。早速レンズを装着しての感想、
「重い!」ずっしりと重量感があります。K10Dが電池込みで、790g、SIGMAのレンズが450g。総重量1240g。
カメラは重い方が私的には安心出来るし、存在感あるし、この点は大満足!!

 2.5インチの液晶は大きくて見やすいですね。細かい文字の見づらい昨今、これは助かります。

 とりあえず、いろいろいじくり回して、便利だなぁと思ったのは、測光モードレバーと測距点切り替えダイヤル。 直接切り替えることが出来ます。E-300ではそれぞれの設定をボタンで押して、ジョグダイヤルを回しながら、 液晶で確認という操作が必要だったので面倒。K-10Dではアナログチックに出来るところが嬉しいですね。

 私の所有する過去のPENTAX TAMRONのレンズも使用可能。85mmのソフトフォーカスレンズも使用可能です。とりあえず、 SIGMA 105mm MACRO、PENTAX 85mm SOFTFOCUS 、SMC PENTAX-A 50mm で遊べそうです。

 

posted by ゆうさく at 22:53| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro

P1020693

P1020692

ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro 購入しました。適当に風景も撮れて、オッと思った時にマクロ。 これはやっぱりマクロレンズしかないだろうと、、。

早速装着。レンズキットに付いていた ZUIKO DIGITAL 14-45mm f3.5-5.6は、 E-300につけるとピノキオの鼻みたいでイマイチ精悍さに欠けるというか、。
E-300は頭が出っ張っていない分、レンズにはシンプルさよりメカニカルなデザインがあった方が私的にはいいです。 KマウントのMFレンズをつけるといいですねぇ。

3535はE-300にピッタリですね。とっても全体的なバランスがいいです。

35mm換算で70mm。最大2倍のマクロ撮影が可能です。 

posted by ゆうさく at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

ソフトフォーカスレンズ

P1020660

P1020661

銀鉛時代に使っていた一眼レフカメラPentaxLX オートフォーカスもなければ露出もAモードのみの殆どマニュアル機。だが、 さすがにプロ仕様ということもあり、バッテリーが一切なくなってもマニュアルモードで撮影出来るという強者。
カメラ本体の下にあるパーツはオートリワインダー。シャッターが切れると同時にフイルムを巻き上げていく。 ミラーアップの音とリワインダーの音がメカニカルで、フイルム入れずにこの音だけよく楽しんでいた。

実は、このカメラ行方不明だったのです。フイルムカメラは使う気ないので、本体のLXはどうでもいいのですが、問題は装着していたレンズ。 smc Pentax soft 1:2.2 85mm f2.2-5.6

うろ覚えですが、確かレンズが二枚のほぼ単眼レンズ。絞りでソフト効果をコントロールします。一応絞りにはクリックがありますが、 絞り量はフレキシブルに調整出来ます。特に開放からf4までの変化量が大きくなっています。

P8014289

f2.2で撮影

P8014290

f2.8で撮影

P8014292

f4で撮影

P8014294

f5.6で撮影

テストに使った被写体はカードリーダ、cabinmild, ジッポのライターです。 開放の2.2ではレンズに息を吹きかけたくらいの効果がありますね。私的にはf2.8からf4位が好みです。蛍光灯下での撮影ですので、 太陽光下ではもっと違う効果になります。

85mmですからフォーサーズに装着して170mmのレンズになります。最短撮影距離は65cm位でしょうか、。マクロはほぼ等倍。

このレンズ、銀鉛時代には使いこなせなくて、あんまり使ったことなかったんです。テスト撮影しても結果は現像上がり待ちですので、 正直かなりおっくうな作業です。デジタルカメラに装着出来るようになって、命復活です。すぐにモニタ出来るのもデジタル時代の便利さですね。

posted by ゆうさく at 07:38| Comment(6) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ペンタックスーフォーサーズマウントアダプター

P1020652

P1020655

Pentax K   Four Thirds  Mount Adaptor 019043 PK-FT

(株)近代インターナショナルhttp://www.kindai-inc.co.jp/index.php

ペンタックスkレンズをE-300に装着するアダプターを購入した。Pentax純正レンズが2本、Tamronが3本ある。 どれも銀鉛時代のレンズ。まだ、オートフォーカスが登場する以前の物。

殆どが、望遠系でフォーサーズだと焦点距離は二倍になるので、420mmの望遠レンズを得たことになる。
最近、殆どマクロでの撮影が多い。いずれもテレマクロ。

早速35-135(35mm換算75-270mm)

P7263614

P7263619

P7263630 

三枚の写真はいずれも270mmテレマクロで撮った。最短60cm位だろうか、。背景は殆どぼけて、主題が引き立つ。ただ、 幾分後ピンになっているような気がする。オートフォーカスが効かないので何度かトライして慣れていくしかない。

P7263641

270mm望遠で

 

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り

posted by ゆうさく at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro











OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MacroOLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro

販売元 : Amazon.co.jp 家電・エレクトロニクス

価格 :

[タイトル] OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5
Macro

[ブランド] オリンパス



■商品紹介■

コストパフォーマンスに優れた超軽..

>>Seesaa ショッピングで買う


35mm換算で約二倍の撮影が可能。最短撮影距離0.146m、重量165g


価格ドットコムの掲示板で、このレンズの評価を見てみたが、コストパフォーマンスはかなり高い。約3万で購入出来る。「雫」
の写真グッと寄って撮れそうだ。


以下のサイトに3535Macroで撮った写真がアップされています。特に、フォトアルバム:錯誤の工房さんでは、
片栗の花の超接写が見られます。雫の写真もありました。コメントに水玉にピントを合わせるのは至難の業とありますが、確かに至難の業であります。


この値段でこの性能、このレンズでますます「雫」の写真撮りたくなってきました。臨時の小遣い入り次第即ゲットの予定です。今のところ、
フォーサーズのレンズは本数少ないので、瑞光沼に入り込む危険性はなさそうです。(笑)


ichibey日々の記録



フォトアルバム:錯誤の工房

posted by ゆうさく at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活防水カメラ オリンパスμ710

OLYMPUS デジタルカメラ μ710 カリビアンブルーOLYMPUS デジタルカメラ μ710 カリビアンブルー
販売元 : Amazon.co.jp 家電・エレクトロニクス
価格 :
[タイトル] OLYMPUS デジタルカメラ μ710 カリビアンブルー
[ブランド] オリンパス

■商品紹介■
700万画素クラスで世界最..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by ゆうさく at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンパスE-330











OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 レンズキットOLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 レンズキット

販売元 : Amazon.co.jp 家電・エレクトロニクス

価格 :

[タイトル] OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330
レンズキット

[ブランド] オリンパス



■商品紹介■

世界初・背面液晶画面..

>>Seesaa ショッピングで買う


我が愛機E-300の後継機。E-300で今のところ不自由はないが、マクロ撮影となると可動式のライブビューがとてつもなく良い。



OLYMPUS E-330
  マクロ撮影では、微妙なピント合わせに何時も泣かされているが、このライブビューは、
ピントを合わせたいところを10倍に拡大して表示することが出来る。さらに可動式だからカメラを腰だめにできるから、
かなり自由なアングルでショット可能だ。通常、カメラはアイレベルでの撮影がその構造上基本となる。ただ、マクロ撮影となると、
不安定な姿勢を余儀なくされることが多く、姿勢の不安定さ、焦点深度の浅さ、なども手伝い、ブレを防ぐのはかなり難しい。


この可動式のライブビューは、マクロ撮影をかなり楽にしてくれそうだ。


 


We Do This ! さんのブログは、Four
Thirds Systemの詳細な解説があります。

posted by ゆうさく at 16:42| Comment(18) | TrackBack(0) | hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。