2011年02月07日

Silkypix Developer Studio Pro5

20110207222401 

silkypixのbeta版が発表されました。
新機能の中で特に私の期待しているのがHDRです。

早速使ってみました。

IMGP4281

スライダーで効果を調節できます。

HDRは基本的にはカメラを三脚に付けて、プラスマイナス1EVの露出で三枚撮るというのが基本です。
ただ、風景写真の場合、三枚撮っているうちに微妙に動いてしまいます。なので、結果ピンぼけのように
なることもあります。

rawで撮ると情報量が多いため一枚から±1EVのファイルを作ることができます。
この新バージョンはrawでHDRにするというもの。

三枚に展開する必要がないためかなり手間が軽減されます。

ただ、まだベータ版です。発売はまだ未定となっています。発売が楽しみですね。

posted by ゆうさく at 22:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HDR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

登る光、沈む光

ここ数カ月、早起きしてゴソゴソしています。夜中まで起きていることは最近少ないです。

朝日も夕日も赤い風景ですかね。もちろん暗くなっていく赤と明るくなっていく赤という大きな違いはあります。
一日の終わり、一日の始まり。同じ三脚を構えても全然気持ちは違ってくるでしょう、それは間違いない。

でも、夕日を撮っている人が全てgo homeかというとそうでもないと思うんです。
趣味で写真をやっていて、夕日を撮ってそれから「夜勤」という人もいるかもしれない。
沈む夕日に自分を照らし合わせて人生の悲喜、喜愛を感じて職場に向かうのかもしれない。

朝日を撮ってそれから仕事という流れならごくごく自然に納得できますが、
夕日はやっぱりこの季節、炬燵が待っているようね。

太陽のエネルギーというのも朝日は向かってくるから、圧縮されているのではないでしょうか。
つまり、救急車のサイレンのように向かってきている高い音。
そして、去りゆく時の音は低くなっていきます。圧縮から膨張しますから周波数が下がります。

だから、サイレンは低い音に変化する。

光も同じ波動ならば、救急車のサイレンのようなドップラー現象ってあるのでは?と。
建物に映る赤い光、朝日と夕日と、暖かさが違うそんな気がするのですが、。
posted by ゆうさく at 07:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

築地 場外

IMGP9168-s.jpg

2011/01/28

神社がありました。

こんなところにあったっけ?

ここが東京であることをふと忘れてしまう。都会のどまんなかであることを、。

見慣れた心の風景なのかもしれない。


IMGP9186-s.jpg

金曜日ということまあり午前十時、一般のお客さんでいっぱい。

有名観光コースになってしまった築地。プロ相手の店より一般客相手のお店が多くなりました。
寿司屋さんが増えましたね。
以前は、急いで朝食をとるプロのためのお店が殆どで、丼屋さんみたいなお店がほとんどでしたが、。


IMGP9191-s.jpg
posted by ゆうさく at 09:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

銀座で影を撮ってみました。

IMGP9209-s.jpg

2011/01/28

築地の場内、場外を撮ったあと、銀座へとぶらぶら。

銀座なんて撮ったことないので、皆目わかりません。

夜景ならなんとでも絵になりそうな気もしますが、、、。

IMGP9234-s.jpg

なかなか影を主体と写すことは難しい、。

いろいろ試してみると面白いかもです。


posted by ゆうさく at 07:06| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

築地

IMGP9098-s.jpg

2011/01/28
東京卸売市場 築地

久しぶりに行ってきました。
正門前に大江戸線の駅ができて便利になりました。

ライトを点灯して迫り来るのは「ターレー」と言われる
発動機自体がハンドルになっている荷物運搬車です。
実に細かな動きができます。

IMGP9068-s.jpg

まぐろや活魚などの売り場はこの電球が大活躍。
発色が違います。

一見雑然としているようで、実は計算されつくした動線になっています。
狭いのに実に無駄がないですね。

IMGP9136-s.jpg

時間は九時ころ。
もうほとんどの仕事は終了なんでしょうね。
荷物がどんどん運ばれていきます。

売り買いという緊張から解放された時間のながれ、
露出を数段アップして現像したら
ソフトフォーカスっぽくなりました。

築地周囲は大きく変わりました。
でも、一度築地の中に入り込むとそこは数十年前となにも変わらない
タイムスリップしたようなそんな錯覚です。

posted by ゆうさく at 08:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

光と影

最近写真を撮っていて影の写し方に気になります。影の長さ、影の濃淡、影の輪郭などなど、。
むしろ被写体そのものより影を直接撮りたいとも思ったりします。

写真というものをよく見ていると影がその写真の印象を大きく左右します。
それ程に大きな影響力のある影なのに注目度が薄くて可哀想なのが影。

さて、それでは影を被写体にしたら、華やかなモデル写真のようにその存在をアピールできるんでしょうか。
影が主体となってつまり被写体となってモデルさんが影になる、。

以前このようなテーマでの写真集を見たような気がするのですが、はっきりとは覚えていません。
兎も角も影は重要だなと思います。

季節感、空気感、人間の表情、物の存在感、それらすべてが影の微妙な動きで表現されていきます。
ついつい私たちは被写体そのものに注目しますが、影がないことには何も分からない、
その存在すらわからないかもしれない。

高次の世界というのはきっと純粋で透明な光に満ち溢れた世界ではないでしょうか。
影がなくても全体を把握できる世界ではないでしょうか。

影も日向もない、光も闇もない。
哀しいかな私たちは相対でしか物事を理解出来ないから、
表社会に裏社会を作ったのかもしれないですね。


posted by ゆうさく at 05:54| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

浅草に行ってきました

IMGP8908-s.jpg

地下鉄の田原町で降りて
ようやく
ここにたどり着きました(汗)

現像しながらやっぱりモノクロがいいなぁ、と。

IMGP8913-s.jpg

なにせ人、人、人、の波であります

IMGP8912-s.jpg

カメラを頭上高く、大体の狙いで

IMGP8889-s.jpg


コマーシャルの撮影でしょうか、浅草は江戸時代です(笑)

いつも自然の写真ばかり撮っていて、初めて街をとったような気がします。

特に東京は面白そうです。

posted by ゆうさく at 08:21| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

日が暮れる 年が暮れる

IMGP4411-s.jpg

2008年に写したものです。
今月は休みが少なくて、何だか慌ただしかったですね。

さて、たばこを止めた今は一服のために外に出ることがなくなりました。
と同時に外の変化を仕事の合間に見ることもなくなり、

こんな風景はガラス越しにしか見ることがなくなりました。
震えながらタバコに火をつける瞬間の暖かさを思い出しますが、
そんな習慣が面倒臭くなってしまいました。

ブログネタがないとき、過去の写真を見ているとその時々の情景が目に浮かびます。
そうしてみると、実に映像として記録したものは頭の中の記憶と一致して
映像は引き出しのタグみたいなもんですね。

360数回日が暮れて、年が暮れていく。
思い出の一枚一枚を大切にして、
今年一年に感謝。
 
そして、来年さん!どうぞよろしくね。





posted by ゆうさく at 06:35| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

お尻に紅葉マーク

IMGP8670-s.jpg

2010/12/08 撮影

雲が多くても、雲が薄くても光が糸状に流れれば
ここらあたりは神様の、、、



IMGP8827-s.jpg

この母子観音は大好きで当たり前のように前から撮るんですが、
後ろに電線があってこれが妙に気に入らなくて、

それなら後ろからと意識したわけではないのですが、
偶然、、、

IMGP8773-s.jpg

蜘蛛の糸も南天の雫も両方にはピントは合いません。
そんな選択肢があるわけじゃないんです。
なぜなら三脚の助けがないから、。

IMGP8737-s.jpg

逆光に輝く山の色
竹林は空気に道を与え
光は山にその存在を教える
そして幾重にも光が混ざり合い
光と山のハーモニーが始まるのだ。
posted by ゆうさく at 19:26| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

せせらぎと紅葉

IMGP8689-s.jpg

大山に白いものが、
朝起きて窓を見るとです。

カメラ出動ですね。

IMGP8694-s.jpg

風景って「いい」と思った時が撮影のタイミングで
車に乗って撮影ポイントに、などと時間をかけてしまうと
撮りたいシーンはすでに別物に変わっています。

こんなことはよくあることです。

IMGP8688-s.jpg

日向を流れるせせらぎ。
いつも上手く撮れないのに、三脚もないのに、巧くとれたような。

この後、浄発願寺で「南天の赤い実」「南天の葉」に逆光に光る水玉を
見たのですが、
三脚ないとピントが合わない。

この頃、i-Phoneがとても気に入っています。
手軽に撮れるしその場で投稿できるし、
i-Phoneはいいことだらけ。
そして、一眼の素晴らしさを再認識させてくれた
です。

posted by ゆうさく at 23:08| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。